お洒落なオフィス

UVカットフィルムを貼ってもらいました

大きな窓のある部屋

私は、建売一戸建ての住宅に住んでいます。その家には特徴があって、リビングが吹き抜けでとても大きな窓があること。リビングの吹き抜け・・・と聞くと、多分いいイメージを持つ方が多いと思います。が、そんなことはないんです。夏は吹き抜けの窓から、強力な直射日光が!!ここは外なのか!?と思うほど、直射日光のようで暑いんです。リビングの床が傷みます。夏はとてもリビングではくつろげません。クーラーも効きにくいです。たまたま知り合いの業者さんがいて、この相談をしたら、「UVカットフィルムを貼ってみたら?」と言われました。
よく、車の窓に貼ったりする種類のものらしいです。UVカットの効果があるし、内側から外側は見えるけれども、外側からは内側は鏡のように反射してみえるものでした。それはとてもいい!やはり、夜に室内が明るいと、外から中が透けて見えてしまうのがとても嫌でした。ですので、貼ることをお願いしました。UVカットフィルム自体はそれほど高いものではなかったのですが、リビングの吹き抜けに貼る・・・ということで、部屋の中に足場を組まなければいけなくて、それが高かったです。UVカットフィルムを貼ったことで、リビング自体の温度も下がりましたし、外からの視線を気にせず生活することができるようになりました。おすすめです。

UVフィルムはしっかりと選ぶ

UVカットフィルムは、自動車、住宅など様々な環境化で使われるようになってきております。様々な用途にそった商品が存在していますが、大きく分けては、防犯目的と紫外線カットが主たる用途かと思います。一昔前は、紫外線カットとなると、UVカットフィルム自体が黒っぽくなっていたりというのが主流でよく自動車等に使われていましたが、最近では住宅断熱性能向上にも使われるようになり、透明なUVカットフィルムも主流になっています。住宅の場合を考えて、お話をしますと、住宅の中から当然外を見るので、透明フィルムなんかを選びます。そして、防犯目的も兼用したい場合などは、特殊な加工を施してある、防犯兼用UVカットフィルムなんかも使います。気をつけなくてはいけないのは、使用するガラスによっては熱割れと言って、吸収した熱がガラスに伝わりやすくなり、割れてしまう現象が発生した原因します。ガラスフィルムが推奨する環境化での使用と、適合するガラスにはるということを守ってほうがよいです。
UVカットフィルム自体、ホームセンター等でも入手しますがこれは絶対にプロの仕事だと思います。無理して自分ではろうとか思わず、しっかりプロの業者さんに頼んだほうがいいです。意外と材料自体は、業者さんが入手した方が安かったりもしますんで。

UVカットフィルムで部屋の焼き付けを防ぐ

UVカットフィルムという窓に貼れる紫外線対策用フィルムが存在します。これを窓に貼る事で、部屋にある家具や大事な置物や本などを紫外線による焼き付けで色が褪せていき劣化する物を、日光の紫外線から守る事が出来ます。紫外線は部屋の中に居ても窓からかなりの量が部屋の中に入ってきています。部屋の中にいる時は日焼け止めクリームなどをつける事もないですから肌などもかなり紫外線を浴びています。なので、紫外線を真に遮断した生活を送りたいというのならUVカットフィルムは窓に貼るのが必須です。UVカットフィルムは自分でも簡単に貼る事が出来ますが、大きな窓なら業者さんに頼めます。自分で貼るのは難しそう。と思ったなら業者さんに頼むのもアリです。UVカットフィルムの販売メーカーなどには貼り付け作業をしてくれる業者さんが来てくれるオプション付きな所もあるので、一度調べてみると良いでしょう。ではUVカットフィルムはどんなのを選べば良いのか。
UVカットフィルムには何種類もの種類が存在しており、紫外線を9割以上遮断してくれるタイプもあります。そこは値段との相談になりますが、最近は安くて効果的なのもあるので色々と自分に合った物を探してみても良いです。通販サイトでも取り扱っているので、気軽に購入出来ます。


通販サイトなどでも気軽に購入できるUVカットフィルムですが、やっぱり施工してもらった方が綺麗に仕上がりますのでお勧めです。UVカットフィルムを施工してもらうならガラスプロテクターが一番!フィルムの品質と施工完成度はもちろん高品質ですが5年間の保証付きなので安心することができます。

new posts

  • NEW
    リビング

    UVカットフィルムはどこに使うのか

    UVカットフィルムと言うのがありますが、何処に使えばよいのかといいますとまずは窓です。要するに太陽光が入ってくるところに使うことになります。これで紫外線のカットができるようになります。実際、どの程度カットできるのか、といいますとこれは…

  • NEW
    赤いソファ

    UVカットフィルムを活用すること

    UVカットフィルムとは、紫外線を遮断することができるフィルムのことです。基本的に暗いと紫外線は遮断できます。例えばサングラスなどは特に特殊なフィルムでなくてもUVカットができるのはそれが理由です。それでも重要になってくるのは透明であり…

  • NEW
    白で統一されたインテリア

    UVカットフィルムの特徴的なところ

    昔のUVカットフィルムはやや暗めでした。そもそも昔からそんな物があったのか、と思う人もいるでしょうが、実はしっかりとありました。では、何が違うのか、といいますと今では透明になっています。UVカット率もほぼ100%になっています。その為…

  • NEW
    高層ビル

    先の健康を考えて・・・

    年々、環境悪化からオゾン層が破壊され、地球上に降り注ぐ紫外線の量は増す一方。紫外線は人体に有害だと聞きますが、正直気にもせず暮らしてきました。そんな私も、妊娠出産をきっかけに紫外線というものを強く意識するようになりました。私たちが生ま…